エコ住宅の減税を促進する会

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北地方の外国人被災者=言語弱者を支援する方法

<<   作成日時 : 2011/05/18 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

外国人の被災者(=言語弱者)を救済する方法。 23.05.18
今回の東北大震災に外国人の被災者=言語弱者を放置することは許されない。
各県には国際交流協会なるものが外国人を対象に支援活動をしている。その
言葉は英語、中国語、ポルトガル語くらいで後は別枠である。
日本より経済力の弱い多くの国々からも義援金、支援物資が集まった。
しかし、今回東北地方で被災者の人達、特に南米(スペイン語圏)の人々に対する
救援・支援の手はどうなっているのか、外国人罹災者は言語弱者となり受け側の
役所、銀行、医療機関後回しの傾向が強いような気がする。
この被災者、り災者を対象にした「災害救助法」の適用を受けるためには
5つの条件をクリアーしなければならない。これら「読み書き」が不自由な言語弱者=
外国人の人々でも{被災・罹災証明書}が取れるように応援する必要があると考え「指差し対話」をすれば
書類ができるようにスペイン語の対訳を作りました
。しかし、被災地から離れているためこの配布方法がわかりません。これらの被災した外国人に配布するノウハウをお持ちの方の連絡をお待ちしています。
     Mail kei-degame@msi.biglobe.ne.jp


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北地方の外国人被災者=言語弱者を支援する方法 エコ住宅の減税を促進する会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる