エコ住宅の減税を促進する会

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府は新築k住宅1200万戸に太陽光パネルの設置を義務つける。全国全住宅の戸数を知っているか

<<   作成日時 : 2012/09/05 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

太陽光パネルの設置を義務つける。
原発を代替する再生可能エネルギー拡大と省エネの達成に、新築住宅1200万戸に太陽光パネルの設置を義務つけると政府は発表した。
平成22年1月15日省エネ効果の高い住宅の新築や改修に「住宅版エコピント」制度を
進めようとした。この制度も24年3月には尻つぼみである。
太陽光パネルの設置には設計施工上三つの方法があるのは、設計者も工務店も充分承知している。しかしこの家屋という高額の資産に固定資産税の評価額税金の納税に気が付いていない誰にも説明責任がないからである
1)新築時に屋根の一部とする施工
2)新築時に屋根工事施工 後付けの取り付ける方法
3)現在の家屋に太陽光パネルの設置する場合
 土地・家屋の評価額の決定(後で納税額が決まる)は、総務省の固定資産評価基準に
則り、市町村が賦課徴収できることになっている。評価方法は個人情報というオブラートに包まれ、固定資産税評価員、税務課員の判断により上記3通りの方法は大きく作用される。
1)の太陽光パネルが固定資産税の評価課税対象、(含まれる)
2)は課税対象にならない(含まれない)
3) 助成金の申請をした場合、家屋調査表の訂正がされれば税金は高くなる。
   申請しない場合、納税額に増減はないが、転売、相続の場合太陽光パネルの投資分 固定資産税評価額は増額されない。(太陽光パネルは除外される)
いづれの方法も市町村固定資産税課の判断によるため一律に断定できない。設計、現
家屋に取り付ける場合も事前に役所に相談が必要。オール電化の評価、家屋調査の
ノウハウは未熟であり、オール電化の新築は第一回の納税通知書が来た時点で個別
に作成されている「家屋調査表」の取り寄せ確認が大切である。地方税法第408条は、毎
年一回は現地調査が義務づけられている。建築時の一回のみで二回家屋調査を受けた
という実例は聞いたことがない。
                                        以上




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー メガネ
政府は新築k住宅1200万戸に太陽光パネルの設置を義務つける。全国全住宅の戸数を知っているか エコ住宅の減税を促進する会/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー メガネ
2013/07/03 18:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府は新築k住宅1200万戸に太陽光パネルの設置を義務つける。全国全住宅の戸数を知っているか エコ住宅の減税を促進する会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる