エコ住宅の減税を促進する会

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良 定期観光バスの若者たちに脱帽する。  

<<   作成日時 : 2013/10/28 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今の若者は、電車やバスの乗車マナーが悪いと世間では言われている。乗車すると老人や弱者が居ようが居まいが、当然のようにわれ先にシートに座り、すぐ携帯電話を出し、エヤーホーンを耳にし外部の音、声を遮断する。電車の中という厳然たる社会空間の中であるが周囲の状況を全く意に解さない。携帯をすることで若者達は一見メールやラインで繋がっているように夢中になっているが、架空の絆であることに気が付いていない。70代の老夫婦は、今の若者は周囲に気遣いをしない配慮をしない、社会を見ない世間の情報を遮断していると判断する。若者3〜4人のグル−プでも勝手にそれぞれ携帯を触っている。当然会話をしない者は社交術が低下するのは当たり前。遠くの親類より、近くの他人という事の意識が無さすぎる。いくら教養学歴があっても人間対面で会話をしなければ、肉声で情報交換する能力が落ち孤独化が進む。
しばらくぶりに10月の26と27日関東から出かけて奈良の定期観光バスに乗った。そこで素晴らしい若者たちも実在する一つの現象に気が付いた。観光バスの乗客は当然見学するために名所・旧跡にてバスを乗り降りする訳であるが、われ先にと下車する人はいなかった。全くの初対面の人達でありほとんど会話も打合せもしないのに、   誰が進言したわけでもない、ガイドのアナウンスがあったわけでもない。前の座席若者たちは、「下車しないのか」思うくらい後部座席(指定席)の人たちが通るまで通路妨害をしなかった。無言の配慮、気配りであった。1日一緒に行動して挨拶も会話もしなかったが、この人達はガイドの説明を良く聞き、片や全く携帯電話を操作している様子を見せなった。若者たちに対する認識を変えざるをいない観光バスの旅行で非常に良い思い出が出来たと帰路についた。                  以上

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良 定期観光バスの若者たちに脱帽する。   エコ住宅の減税を促進する会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる